呉市の歯科・歯医者。インプラント・審美歯科・ホワイトニングを得意とする歯医者です。歯科医師・歯科衛生士の求人募集中です。

診療案内

料金表はこちら。
MOBILE SITE
EPARK歯科 ネット予約受付中

治療中の痛みや不安を取り除く「さわやか診療(笑気麻酔鎮静法)」

歯の治療は痛い物、怖い物、不快な物というイメージをお持ちではありませんでしょうか? そんなイメージを取り払い、全ての患者様にもっと楽な気持ちで治療を受けて頂きたい。

そんな願いから、当院では、治療中の痛みや不安を取り除く治療、「さわやか診療(笑気麻酔鎮静法)」に取り組んでいます。

笑気麻酔鎮静法とは?

笑気麻酔鎮静法とは、ほんのり甘い香りのする笑気という気体と酸素を混ぜた気体を鼻から吸う方法です。

吸入中は歯を削る不快な振動や注射の痛みもあまり気にならなくなります。ゆったりした楽な気分で、時間のたつ事も忘れて治療を受けて頂く事ができます。

また、吸入を止めれば、すぐに元の状態に戻るので安心です。

こんな方にお勧めします

笑気麻酔鎮静法は、全ての患者様に使用する事ができます。
特に、次のような方にお勧めします。

  • 治療に対して恐怖心や不安感を持っている方
  • 緊張しやすい方
  • 血圧の高い方や心臓に病気を持っている方
  • お子様やご高齢の方
  • 口の中を触られると吐き気をもよおしやすい方
  • インプラント治療を受けられる方

当院の診療

一般歯科から、インプラント審美歯科ホワイトニング歯科口腔外科まで、幅広く対応しています。特に歯周病治療には力を入れています。

お口に関して何か気になる事やお困りの事など、何でも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

義歯(入れ歯)

「食べ物が食べられない」
「ちゃんと喋られない」
「食いしばれないから、力が出ない」

入れ歯を入れたものの、「どうも満足できない。」とお思いの方も多いのではないでしょうか?
保険診療で作られる一般的な入れ歯は、使用できる素材に限界があるため、細かい点で満足のいく物という訳にはいきません。

そんな不満を解消するため、特殊な素材を使用した入れ歯を取り扱っています。
「固い食べ物もしっかりと噛みたい」「ぴったりとフィットする入れ歯にしたい」「入れ歯を入れてると気付かれたくない」など、ご希望に合わせてご提案させて頂きます。

ノンクラスプデンチャー(金属の留め金が無い入れ歯)

ノンクラスプデンチャー(金属の留め金が無い入れ歯)

一般的な入れ歯では、入れ歯を固定する留め金に金属を使用しています。その場合、口の中が金属の色で目立ったり、金属が歯を傷付けてしまう事があります。

ノンクラスプデンチャーは、留め金の部分に歯茎と良く似た色の樹脂を使った入れ歯です。
見た目が自然で入れ歯をしているのが気付かれにくい他、金具で固定しないので、入れ歯を支えている歯を傷付けません。

審美性に優れており、見た目を気にされる方や、人前に出るのが多い方にお勧めしています。

※ノンクラスプデンチャーは、自費診療になります。

>>料金についてはこちら

ソフトデンチャー(土台が柔らかい入れ歯)

ソフトデンチャー(土台が柔らかい入れ歯)

ソフトデンチャーは、入れ歯の土台となる部分に金属を使わず、樹脂を使った入れ歯です。

土台が柔らかいので歯茎への負担が減り、入れ歯をしている時の痛みを和らげる事もできます。
また、歯茎への吸着性が高くピッタリとフィットするので、一般的な入れ歯と比べても、しっかりと噛む事ができます。

現在お使いの古い義歯にも対応できます。

※ソフトデンチャーは、自費診療になります。

>>料金についてはこちら

磁性アタッチメント(磁石の力で固定する入れ歯)

磁性アタッチメントは、磁石の力を使って入れ歯を固定します。
歯根と入れ歯の裏側に磁石を付け、それぞれがくっついて、ピッタリと固定します。

また、入れ歯の内側から支える構造ですので、見た目が自然で入れ歯をしていることが気付かれにくい入れ歯となっています。

※磁性アタッチメントは、自費診療になります。

一般歯科(虫歯・歯周病などの治療)、予防歯科

アルファデンタルオフィスの一般歯科

虫歯治療、歯周病(歯槽膿漏)治療、抜歯、消炎処置、知覚過敏、補綴処置、予防歯科など。

虫歯は自然に治る事はありませんし、美味しく食事するためには健康な歯が欠かせません。そのためには、お口の中の環境を良い状態で保つ事が大事です。

患者様のあらゆるお口のお悩みをお聞きします。出血や痛みが気がかりな方は、早めにご相談下さい。

また、予防歯科では「歯が悪くなってから、そこだけを治療する。」ではなく「歯が悪くならないようにお口の中全体を検査し、その原因を除去する。」といった診察を進めていきます。

歯周病(歯槽膿漏)

歯の病気の代表的な物は、虫歯と歯周病です。
歯周病とは、歯を支える周りの組織(歯周組織)が吸収され、歯が固定できなくなる病気です。支えを失った歯はいずれ抜けてしまうのです。

そのため、ご自分の歯を残すには、歯周病を未然に防ぎ、また、早期に治療を行う事が重要になります。
しかし、歯周病には自覚症状が分かりにくく、気が付いた時には歯周病が進行している、、、という事も少なくありません。

通常、一度失われた歯周組織は元には戻りませんが、歯周組織を再生させる治療法もあります。
当院では、破壊された歯周組織を再生させる治療法として、エムドゲインゲルを使った歯周組織再生治療を行っています。

エムドゲインゲルを用いた歯周組織再生治療について

エムドゲインゲルとは、幼若豚の歯胚から抽出精製された歯周組織再生用材料です。
歯が生える時に重要な働きをするたんぱく質の一種で、この働きで歯周組織の再生を促します。

エムドゲインゲルを使った治療は、歯肉を切開する歯周外科手術によって行われます。
まず、治療部分の歯肉を切開・剥離した後に、歯根表面の汚れをきれいにします。
その後、エムドゲインゲルを塗布、縫合して手術完了です。

手術後は2~6週間で抜糸をし、数ヶ月~1年後に、歯周組織が再生されます。
(歯周組織が回復する期間、程度は個人差や歯周病の進行具合などによって異なります)。

歯科口腔外科

親知らずの抜歯

よく「親知らずを抜かないといけない。」と耳にする事があると思いますが、親知らずは必ず抜かなければならない、という物ではありません。
何の問題も無ければ、そのままにしていても良いのです。

では、親知らずを抜く必要があるのは、どのようなケースでしょうか?

「親知らずが歯茎の中で横向きに生えて、隣の歯を圧迫して痛む。」
「歯ブラシが届きにくく、その結果虫歯になってしまった。」
「親知らずが原因で歯茎が腫れた。」
などといったケースでは、親知らずを抜歯した方が良い場合もあります。

当院では、外科処置を得意としていますので、抜歯の経験も非常に豊富です。お気軽にご相談下さい。

顎関節症の治療

顎関節症で最も多いのは、顎の開閉時に痛みがある場合です。筋肉の痛みの場合と、関節自体が痛い場合があります。

放置していても、2週間ほどで改善する事の多い病気ですが、それで治らない場合は、治療する事によって早く改善が見込めます。
一番多いのはストレスで食いしばるのが原因で、顎関節の痛みを訴える場合です。

マウスピースを使って力の分散を図ったり、薬で筋肉の緊張をとったり理学療法を行ったり致しますが、症状が多岐にわたるため、治療法も1つではありません。治りにくい場合は、当院にご相談下さい。

ナイトガード製作

睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方へ、当院ではナイトガードの製作も行っています。睡眠時無呼吸症候群の患者様へのナイトガード製作は保険適用となります。

また、いびきでお悩みの方にも、ナイトガードは有効です。この場合は自費診療となり、費用は30,000円程度です。

お気軽にご連絡下さい。

レーザー治療

当院は、最先端高度医療機器である炭酸ガスレーザーを導入し歯科治療を行っております。
レーザーで治療する事により、今までよりも短時間で治療を行う事ができるようになりました。

従来の治療方法に比べても、痛みや出血が少なく麻酔や投薬の量を減らす事も可能になります。
従来の電気メスとはちがい、妊娠中の方、ペースメーカーの方でも安心してご使用になれます。

主に使用する症状

  • 小児の虫歯予防・歯質の強化(シーラント処理)
  • 治療する根管(歯の根っこ)の中の殺菌~乾燥
  • 知覚過敏症による痛みの緩和
  • 口内炎・口角炎・義歯装着時の痛みの緩和
  • 歯肉や膿傷の除去・切除・切開
  • メラニン色素(歯肉の黒ずみ・沈着)の除去
  • 顎関節等の痛みの鎮痛緩和
  • 歯周病の歯肉改善
  • 歯槽膿漏、歯肉炎で歯肉が腫れている場合の治癒促進

レーザー使用時のご注意

特に注意する事はありませんが、照射直後は茶色に炭化し、2~3日後に白いベラーク(潰瘍の様な物)が照射部位に発生致します。
これはフィブリンというコラーゲンの集まりで、表面を保護する役目ですので心配ありません。
歯磨きの際は、歯ブラシが当たらないようにして下さい。

ご不明な事は院長までお聞き下さい。

PAGE TOP